シールロック(争奪戦)

比較的大人数がまとまって行動するシールロックこと争奪戦
基本的な性質はかなり砕氷戦に近い感じがしますが

ということで争奪戦について初の人向けの解説解説

基本ルール

一定時間毎に出現する「アラガントームリス」を調べることで自軍の支配に置くことができ点数を稼ぎ出すのが争奪戦の基本ルールです

それに戦闘による得点等を合わせて800点に到達したチームの勝利です

アラガントームリスの占領や防衛など挟撃されたり1チームが正面からぶつかり合う等、制圧戦や砕氷戦と違って戦場の入れ替わりが激しいことが最大の特徴ですね

得点のルール

アラガントームリスにはB・A・Sの3種類に分かれています
それぞれの得点が定められており3秒毎に点数が加算されていく仕組みです

トームリスBトームリスAトームリスS
総得点80p120p160p
3秒ごと2p3p4p

そして相手を撃破することで得られるポイントは以下のようになってます
ここは制圧戦と全く同じ内容です

1デス1キル高揚バフ強高揚
-5p5p10p20p

アラガントームリスでの得点が高いためキルだけでポイントを稼ぎ出すのは無理です

アラガントームリスの場所

マップ上ではもちろんの如く平面ですが実際のところ高低差はあります。
そうじゃないところでは周りには岩があったり視界が狭まるところもあったりします

重ねて書きますが、完全に沸く順番はバラバラです

アラガントームリスの本数

最初の10分間はトームリスの数は4本で、残りの時間は前回出現したトームリスが枯渇して10秒後にわきます。これは戦場が終了するまで絶対の条件です

そして残り時間10分を過ぎてから沸くトームリスの数は3本になります。
ここからランクAやSが沸きやすくなりますが…もちろん例外はありますよ

戦闘のコツ

メインの戦場はかなりの大人数戦でありますので退却や突撃から遅れたり先走ったりするとあっさり蒸発することも多々あります

そして戦闘が広範囲になることもあります。どのPvPにも言えますが周りの状況を把握することが大事です

トームリスの防衛・奪取

複数どちらかの軍に傾いて出現したり、リードしていた場合は集中攻撃されることが多々あります。
形としては完全に防衛しきれば問題ないですがそうとはいかないのがこのシールロックです。

まず、複数体自軍or相手が所持していた場合は下手したら他の2軍に攻撃される可能性がありますのでスパッと諦めるのが良策になります

また、リードしている時の集中攻撃は防衛するのは非常に困難なパターンが多いです。
大人数戦とはいえ統率の取れているPTがいた場合は崩されることもあります
意地で防衛しようとして壊滅+トームリス奪取された時には大量点の献上もあり得ますので引き際は肝心です

トームリスの放棄タイミング

これは人によっては様々な見解ですのであくまで参考にお願いします

残り%が少ない状態で防衛しても旨みがないのは事実ですし、少人数で守るよりかは新しいトームリスを取りに行きそこを防衛した方が利があることもあります

そういう時に目安となる防衛放棄のタイミングは大体残り20%です

逆に言えば残り20%の場所は人がいないケースもありますが、大人数で取りに行ってもメリットはかなり薄いため慣れてる人はここで空き巣をすることになると思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA