トリプルトライアド

IDや討伐・討滅戦などで知らないうちに入ってくるであろうトリプルトライアドのカード達

そのまま捨てられたりMGPに変えられたりで実際に遊びの場に出てくる機会ってのはなかなかないのではないでしょうか?

そんなトリプルトライアドの世界を若干掘り下げてみましょう

トリプルトライアドとは?

FF8のメインコンテンツとして導入されたカードがFF14の世界に若干のルール変更を加えて導入されたのがトリプルトライアドです

基本ルール

3x3のフィールド上にお互いにカードを出し合って数字の大小でカードをひっくり返していくのが基本ルールです

まずはカードの見方!

それぞれのカードに4つの数字が配置されています。
1が一番小さくAが一番大きい数字です

そして一部のカードには属性と呼ばれるものがついています

蛮族タイプ・帝国タイプ・暁タイプ・蛮神タイプの4種類があります(もっと増えていいと思うんだけどな

特殊ルール

特殊ルールは対戦ルールと流行ルールの2種類に分かれています
基本的には対戦ルールが適用される状況で流行ルールの適用されるケースはあまりない印象ですが

オールオープン・スリーオープン

相手の手札を見ることができます。オープンならすべて、スリーオープンなら3枚が見れます
優位なルールに思えますが相手からも見えているためご注意を

セイム

置いたカードの隣り合う2辺以上の数字が同じであった場合にひっくり返すことができます

レアカード制限がある関係上7~8の数値持ちのカードが多数を占めているため対人戦では狙いやすいルール
対NPC戦でもかなり似た状況になりやすいためこちらも狙いやすいルールです

プラス

置いたカードの隣り合う2辺の数字の合計が同じであった場合にひっくり返すことができます
セイムと違って相手の数字より低くても合計が同じになればひっくり返せます

セイムが発動する条件の発展形がプラスの発動条件です

コンボ

セイム・プラスルールには特殊ルールでひっくり返ったカードが隣接しているカードより数字が大きい場合は続けてひっくり返すことができます

そしてそれでひっくり返したカードはまたそれに隣接しているカードにも影響します

これを続ければたったカード1枚の状況から9枚自カードにすることもできるなんとも恐ろしいルールです

サドンデス

引き分けだった場合に自分の色のカードで延長戦を行います。サドンデスが設定されていた場合は引き分け狙いで強力なカードを取って弱いカードを相手に送れば有利になります

ランダムハンド

反則ルールお互いの手札からランダムで5枚のカードが選択されます。この時のカードもレアカード制限はきっちり受けることになりますが、NPCにはそんなことなかった(というよりもNPCは手札が7枚くらいなためランダムハンドなんてものはない)

タイプアセンド・ディセンド

FF8でのエレメンタルのルールが若干変更されて導入されたルールです
属性が置かれる度に数字が1ずつ上がる(下がる)ルールです
場にあるカードや手持ちのカードもすべて適応されます
この時の数字は1~Aの範囲内でしか適応されません、例え合計がAを超えても数字はAが上限です。

カードが置かれた後に数字が変化することに気をつけてください

また、このルール持ちのNPC戦はアセンドであれば同じ属性のデッキを作り、ディセンド持ちであれば属性持ちじゃないカードであればあってないようなルールになります

タイプアセンド・ディセンド時のプラスとセイム

タイプアセンド・ディセンドでは表示されている数字より大きくなったり小さくなりますが

プラス・セイムの発動条件は元の数字が発動条件になります

全部Aの数字になったからといってAでセイムが発動するようなことはないです

オーダー

デッキ通りの順番でカードを置いていくルールです。このオーダーが適用されているNPC戦はかなり戦術が読みやすいため繰り返しすれば勝てるパターンを見つけやすいのも特徴です

また、後述するルーレットでこのルールが適応される場合も考えてデッキ作成はオーダーを基準に考えるといいと思います

カオス

デッキからランダムで置く順番が決まるルールです
こればかりは運で勝てるような感じになってますのでNPC戦は運ですね

このルールで弱いのが上下左右にデカい数字があるカードです
安置に持っていきにくいこの種のカードはタイミングが選べないため脆さがでてしまいます

リバース

数字の大小が逆転します
このルールがあるとレアカード制限で苦しめられているNPC戦が一気に有利に変わる魔法のルールです(それに対応してるNPCもいますけどね)

エースキラー

一番デカいAを一番低い1でひっくり返すことのできるルールです
狙ってやるのにはかなり厳しいルールですができた時は思わずにやけてしまいます
リバースルール適用時には1をAでひっくり返すことになります

ですがこのルールを有効活用できる状況がなかなか作れないというのが現状です。

スワップ

お互いのカードを1枚交換するルールです。
交換するだけですが相手の手札の1枚がわかるルールでもありますので交換されたカードは覚えておきましょう

ルーレット

上記のすべてのルールから重複していないルールが適用されます
ルーレットでランダムハンドが適用された場合はデッキ選択画面が出ませんので非常にわかりやすいです

特殊ルールの決まり方(対人)

対NPC戦では固定ですが対PC戦ですとお互いがそれぞれ特殊ルールを指定することができます
ですが、特殊ルールの性質上一緒に導入することが不可能なルールがありますので、その時はランダムでどちらか一方が選ばれます

重複しないルール
  • オールオープンとスリーオープン
  • タイプアセンドとタイプディセンド
  • オーダーとカオス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA