XCOM2 6日目

前回からの流れ

ゲリラ作戦を大失敗のうちに終わり評議会が若干怒り始めたちょっと危うい状況

そして失敗したためクモとハエという陰謀が実行されました

秘密工作中に待ち伏せということは派遣されたユニットに戦闘があるってことかな?それとも負傷リスクが上がってしまうのかな?

かなり怖い展開になりそうですが・・・

そしてこのゲームのいわばタイムリミットであるアヴァター計画というのが発生しました

アヴァター計画?

アヴァター計画はエイリアンの究極の目標。その実態が一体何なのかはストーリーを見てのお楽しみというわけです。

カウントが最大にまで達すると強制的に人類の敗北になります。つまりはタイムリミットというものですが

このカウントを下げる手段は「アドヴェントの極秘施設」を破壊することにより下げることができます

というわけで今日の戦闘は長丁場になりますがこのカウントを下げる戦闘・・・になるのかな?


などを説明しているうちにようやく磁力兵器の研究が完成しました

が!

エイリアンの合金がない!

という残念なお知らせがありましたのでこれまたしばらくお預け・・・ホントにこの内政パート上手くいかないよぅ

そして秘密作戦の選ばれし者の追跡が完了!

これでリーパーにも勢力指令のスロットが追加されましたので少しはアドバンテージが得られれば嬉しいのですが(負傷者が出ましたが大丈夫でしょう)

第6戦:鉄の広間作戦

この作戦は物資強奪ミッションになります。つまりは補給物資やエイリアンの合金など資源を確保するために失敗の許されないミッションです

失敗の許されるミッションがないのはわかってるがすでに失敗したもん

今回から新兵がいない一等兵以上の構成になりました

一番右の格好って戦場カメラマンみたい・・・

ロストとの遭遇も予想されているため頭の中での注意点は以下の通り

  • 前進は慎重に
  • こまめのリロード
  • たぶんアサシン来るんじゃないの?

アサシンはリーパーが疲労状態のため来ないで欲しいのですがひとまずは最低限の負傷者で乗り越えたいところです

社会人新人:ヴァイパー

前作では社会人バリバリの姿をしていたシンマンという敵は前作でも厄介だったヴァイパーという名前で登場しました。

引き寄せやら拘束やら毒の霧を使うなどこちらの行動を封じられるのが多いため優先度は高いです

なおかつ回避率が高いためかすり傷でトドメを刺しにくかったりとストレスの溜まる敵です

アイアンマンじゃなかったらかすり傷でリセットするの繰り返しで被害がなかったり(ぉぃ


と今回は一番最初の遭遇が厄介なスタンランサーとヴァイパーだったため一撃で葬りさります・・・といういい場面だったのですが

まさかのアサシン登場・・・( ^ω^)

一難去ってまた一難とはよく言ったものだ。先人は偉大なり

弱みを狙いたいところですがほぼほぼ活かすことができない状況のため迎え撃つことで対処するしかないようですね

幸いにも街中の戦闘ですがメインフィールドは視界が通りやすい環境だったため逃げるアサシンを追いかけるのもあまり苦労しませんでした

あとはどう考えても相手からの近接攻撃からスタートするので負傷者は避けられませんね;;

この手のミッションは敵物資が敵に回収されまくるのが歯がゆい思いがしますがこれは先に回収するよりも敵を殲滅することを第一にする方がいいと思いますね

 

あとはロストを一撃で倒せない状況が出てきたため磁力兵器の早めの開発は必要になってきた状況です

このミッションのおかげでエイリアン合金が僅かながらも取得できたため使い道を吟味していきたいところです

にしてもホントに1日1戦ペースが続きますね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA